【2022年11月】電子書籍アプリのおすすめを紹介【iPhone/android】

 

「電子書籍のアプリが多すぎてどれがいいのか分からない」

「結局、どれが1番お得なんだろう?」

 

なんて思うことありますよね。

 

僕もよく電子書籍を利用しますが選ぶ時にかなり悩み、まあ悩んでてもよく分からないので多くのアプリをダウンロードしました。

 

そこで今回はそんな経験も活かしながら、おすすめの電子書籍アプリを9つ紹介したいと思います。

 

結論から言うと、自分の利用方法に合ったアプリを選ぶとお得に本が読めるので、そのあたりだけでも覚えていってもらえたらと思います。

 

それではよろしくお願いします。

 

電子書籍アプリの選び方

漫画以外の本も買う予定があるか

  • 電子書籍アプリは大きく分けて2種類
  • 漫画特化いろんなジャンルを扱っているか
  • やはり漫画特化アプリの方が漫画の種類が多い

 

正直、漫画特化のアプリ同士とかそれぞれ同士でメジャーな本の取扱い数に大きな差はありません。

 

なので、まずは漫画以外も電子書籍で買う予定があるのかということが重要になってきます。

利用方法に合う割引システムを選ぶ

各アプリで割引システムがだいぶ違ったりします。

 

  • 最初にまとめて買う
  • 毎月数冊ずつ買う
  • アプリを長く利用する

 

とりあえず3パターンあげてみました。

 

最初にまとめて買うならこのアプリが圧倒的にお得!」みたいなのがそれぞれあるので、利用方法に合うアプリを選ぶことも重要です。

普段どこでお買い物をするか

たとえば、

  • 普段はAmazonでよくお買い物をする
  • 本を買うとAmazonポイントが付く電子書籍を選ぶ
  • 本以外を買う時もポイントが使えて便利

 

こんな感じです。

 

楽天ポイントやPayPayポイントが付くアプリもあるので、そういったポイントを本以外の購入の際も使えたら便利ですよね。

【総合的に】おすすめの電子書籍アプリ

アプリの比較表

(クリックで飛べます→) ブックライブ コミックシーモア Kindle 楽天Kobo honto BOOK☆WALKER
取扱数 140万冊以上 99万冊以上 200万冊以上 400万冊以上 70万冊以上 105万冊以上
サービス開始 2011年 2004年 2007年 2012年 2010年 2010年
初回割引
ポイント(他でも使える) Amazonポイント 楽天ポイント hontoポイント
読み放題プラン なし 2種類 1種類 なし なし 2種類
読み放題料金(月額) 780円・1480円 980円 どちらも836円

ブックライブ

  • 2020年「使いやすい電子書籍ストアNo.1」
  • 新規会員登録で50%オフのクーポン(1冊だけ)
  • クーポンガチャが1日1回できる
  • 無料漫画2.6万冊以上
  • 1冊丸ごと無料で公開しているものも

 

ブックライブはアプリの使いやすさに定評があります。

 

他のアプリでもよくある1日1ポイントの来店ポイントの他に、クーポンガチャが毎日引けたりなど長く利用することで大きな恩恵が受けられますね。

 

クーポンガチャはハズレなしで10%~30%オフのクーポンが当たります。

 

使いやすさにも定評があるので、「どれがいいか決められない!」という人はとりあえずブックライブにするのもいいですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

コミックシーモア

  • 1冊ずつ購入・読み放題・レンタルなど利用方法が豊富
  • 新規会員登録で70%オフのクーポン(1冊だけ)
  • 他にも新規会員登録の特典がたくさん
  • 読み放題プランが「ライト」と「フル」の2種類
  • 豪華声優陣によるYouTubeチャンネルも

 

コミックシーモアは漫画のイメージが強いかもしれませんが、小説や実用書など漫画以外も取り扱っています。

 

新規会員登録で、

70%オフクーポン
・登録の翌月末までに月額メニュー加入で最大20000ポイント
・登録の翌日から7日間毎日ログインで合計130ポイント
・LINEの友達追加とID連携で最大500ポイント

 

このような特典があるのもいいですね。

 

月額メニューとは読み放題プランとは異なり、コミックシーモアで本を買うのに使えるポイントを毎月購入するメニューのことです。

 

 

こんな感じのもので、コミックシーモア300に加入したら300ポイントもらえるみたいな感じです。

 

まあ、いきなり20000とかに加入するのも難しいと思うので、1000~2000あたりに加入して少しお得に・・・っていうのが無難ですよね。

 

また、YouTubeチャンネルもおすすめです。

 

コードギアスなどで有名な福山潤さんをはじめとする豪華声優陣が、ふざけてバラエティー番組っぽいことや真面目に朗読したりしているので、取り扱っている本の参考にもなります。

わちゃわちゃんねる presented by コミックシーモア

2種類の読み放題プラン

読み放題フルの方が読めるジャンルが多く、料金が倍くらいになってます。

 

ちなみに、今なら最初の7日間は無料で無料期間中に解約もできるので、興味がある方は試してみてもいいですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

Kindle (Amazon)

  • Amazonポイントが使える
  • 本のレビューが多い
  • 読み放題プラン30日無料
  • 目の疲れを抑える専用のタブレットがある
  • Amazonユーザーは登録がいらない

 

KindleはAmazonポイントが本の購入に使える・本を買うともらえるため、Amazonでよくお買い物をする人におすすめです。

 

利用者数が多く、本のレビューが多いのも良いです。

 

また、月額980円の「Kindle Unlimited」という読み放題プランもあります。

 

単純計算でも月1~2冊、本を読むという人は加入した方がお得ですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

楽天Kobo

  • 楽天ポイントが使える
  • 取扱数が多い
  • 初めての利用で最大2000円オフのクーポン
  • 電子書籍もSPUの対象

 

楽天でよくお買い物をするという人におすすめなのが楽天Koboです。

 

取扱数が400万冊と圧倒的に多く、他の電子書籍では見つからなかった本も楽天Koboなら見つかるかもしれません。

 

また、1度に1000円以上のお買い物で同月のお買い物ポイント+0.5倍であるSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象にもなっています。

 

初回利用での金額によって最大2000円オフのクーポンとかもあるので、お買い物マラソンと上手く組み合わせられるといいですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

honto

  • 新規会員登録で50%オフのクーポン(1回だけ)
  • 定期的にポイントアップキャンペーン実施
  • 大型書店と連携している
  • 電子書籍でも連携書店に来店しても使える共通のポイントがある
  • 連携書店の本の在庫確認ができる

 

紙と電子の両方読むという人におすすめなのがhontoです。

 

ポイント5~10倍アップなどのキャンペーンを定期的に実施し、そのポイントを連携書店に来店して使えたりもします。

 

初回の50%オフのクーポンも割引上限5000円で嬉しいですね。

 

 

↑アプリの比較表に戻る

BOOK☆WALKER

  • 購入の合計金額から半額還元(初回のみ)
  • ↑上限なしのためまとめ買いがお得
  • KADOKAWAの直営で漫画やライトノベルが特に豊富
  • 読み放題プランが2種類

 

BOOK☆WALKERは漫画やライトノベルがメインだけど他のジャンルも、という方におすすめです。

 

初回購入金額の半分をアプリ内で使えるコインで還元してくれます。

 

また、読み放題プランが「漫画・雑誌」と「文庫・ラノベ」で2種類あり、どちらも月額836円です。

 

月に2冊以上読む人は加入した方がお得になるので、覚えておきたいですね。

 

 

↑アプリの比較表に戻る

 

【漫画だけ】おすすめの電子書籍アプリ

アプリの比較表

(クリックで飛べます→) まんが王国 eBookJapan Amebaマンガ
取扱数 無料作品が3000作以上 80万冊以上(漫画以外も) 40万冊以上
サービス開始 2006年 2000年 2013年
初回割引
ポイント(他でも使える) PayPayポイント
読み放題プラン 2種類
読み放題料金(月額) 1100円・550円

まんが王国

 

  • ポイント還元が最大50%
  • 1日2回の割引クーポンおみくじも
  • 他にもお得なキャンペーンがたくさん
  • 読み放題がオトナとTLの2種類

 

まんが王国は初回割引が不要なくらい、常時お得なキャンペーンがたくさんあります。

 

・ポイントの購入で最大30%、使用で最大20%の計50%還元
・1日2回のクーポンおみくじ(ハズレなしで10~50%オフ)
・日替わりタイムセールで使える30%オフのクーポン
・来店ポイントが5のつく日は5倍

 

まとめるとこんな感じです。

 

ポイント還元率は購入ポイントと使用ポイント数に応じて決まっており、

購入ポイント 還元ポイント
2000pt(2200円) 50pt
3000pt(3300円) 150pt
5000pt(5500円) 400pt
10000pt(11000円) 1500pt
20000pt(22000円) 4000pt
30000pt(33000円) 9000pt

 

使用ポイント(pt) 還元ポイント(pt) 累計還元ポイント(pt)
6000 500 500
12000 1000 1500
20000 2500 4000
30000 2000 6000

こんな感じで、3万ポイント買って3万ポイント使うと50%返ってくるってことですね。

 

ちなみにNARUTOを全72巻買うとギリ3万ポイント越えくらいになります。

 

なので、そのくらい読みたい本が溜まったら50%還元を狙ってみて、現在読んでいる漫画の続きはクーポンおみくじを利用する、みたいな使い方ができるといいですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

eBookJapan

  • 初めてのログインで6回使える50%オフのクーポン
  • PayPayポイントが使える・貯まる
  • 曜日別でお得なクーポンがもらえる
  • お得なクーポンや漫画全巻が当たるくじもある

 

eBookJapanはPayPayポイントをよく利用するという人におすすめです。

 

6回使える50%オフクーポン(割引上限500円)や期間限定でいろいろなくじを実施しているのも嬉しいですね。

 

また、曜日別で「第1巻をお得に買えるクーポン」や「PayPayポイント大量ゲット」などのキャンペーンもあります。

 

↑アプリの比較表に戻る

Amebaマンガ

  • 新規会員登録で100冊まで40%オフ
  • 月額プラン加入で最大15000コインの初月特典
  • 毎月の継続特典も最大10000コインとお得
  • その他のキャンペーンも常に実施

 

Amebaマンガは初回にまとめて買う人におすすめです。

 

さらに月額プランの加入もお得になっています。

 

コイン 初月特典コイン 継続特典コイン
500(550円) 80 50
1000(1100円) 200 150
2000(2200円) 520 450
3000(3300円) 860 700
5000(5500円) 1500 1200
8000(8800円) 2400 1920
10000(11000円) 4000 2500
20000(22000円) 10000 6000
30000(33000円) 15000 10000

 

こんな感じです。

 

また、AppleやGoogle、SNSアカウントでも手軽にログインできるので、iPhoneユーザーとandroidユーザーのどちらにもいいですね。

 

↑アプリの比較表に戻る

電子書籍のよくある質問

電子書籍のサービスが終了したら?

  • ポイント等で返金される
  • 他のサイトに引き継がれる
  • ダウンロードした本のみサービス終了後も読める

 

今まで電子書籍のサービスが終了した際にとられた対応です。

 

なので、おそらくこの中のどれか、または2つ以上組み合わせた対応がとられると思います。

たまに聞くハイブリッド型とは?

紙と電子の両方を販売しているということです。

 

今回紹介した中だと、Kindleや楽天Kobo、hontoなどがハイブリッド型です。

紙の本と内容は同じ?

基本的には同じです。しかし、雑誌は著作権の関係で写真などが削除される場合があります。

最後に

記事はこれで以上になります。

 

他の記事では、読書のメリット・デメリットの紹介なんかもしているので、良かったら参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   「読書が良いって聞くけど具体的にはどう良いの?」   読書が良いというのはよく聞くので、[…]

あわせて読みたい

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   読書をするのに良い時間帯っていつなんだろう?   なんてこと考えたことありませんか?[…]