災害時にすべき行動とは?【エレベーターや乗り物に乗車中の時など】

いつか来ると言われている大地震などの災害。

 

皆さんは災害時に取るべき行動が頭に入っていますか?

 

例えばエレベーターに乗っている時とか。

 

ただでさえ狭くて居心地が良い空間ではないのに、災害なんて起きたらめちゃくちゃ焦りそうですよね。

 

そこで今回はいくつかのシチュエーションで災害が起きた際に取るべき行動を紹介したいと思います。

 

良かったら1つだけでも覚えていってください。

※今回は地震発生時に取るべき行動をメインに紹介しますが、他の災害時でも応用できそうなことはしていきましょう。

 

災害時に取るべき行動①【自宅】

  • 揺れを感じたらテーブルの下へ
  • ドアを開け避難口を確保
  • 火は無理に消しに行くことはない
  • 揺れが収まったら落ち着いて火を消す

 

テーブルの下に潜るのと避難口の確保は災害時に取るべき行動の定番ですね。

 

火に関しては、コンロやストーブの火は揺れを感知して自動で停止するものが普及してきているため、無理に消しに行くことはないとされています。

 

たまにストーブに足が当たって止まっちゃったりしませんか?僕はよくします(笑)

 

あらかじめ、自分の使用しているものに自動停止機能がついているか確認しとくといいですね。

 

災害時に取るべき行動②【デパートやスーパー】

  • 物が落ちてきて怪我をするのを防ぐため、比較的品物が少ない場所に避難する
  • バッグや買い物かごなどで頭部を守る
  • 慌てて出口から外に出ようとせず、係員の指示に従う
  • エレベーターが動いていても乗らない

 

災害が起きても慌てて出口に向かわず、係員の指示に従うことが重要のようです。

 

僕の場合は慌ててなくても小さい子が見えなくて蹴っ飛ばしそうになる時があるので、これが良くないというのは感覚的にわかりますね。

 

また、エレベーターは動いていても乗らないようにしましょう。

災害時に取るべき行動③【エレベーター】

  • 各階のボタンをすべて押し、停止したらその階から外へ出る
  • 非常ボタンを押す
  • 非常ボタンが通じない場合は携帯電話でドアなどに書いてある管理センターの番号や消防・警察へかける
  • 体力の消耗を防ぐため、助けを求め叫び続けたりはせず、近くを人が通ったらドアを叩くなどする

 

僕は閉所恐怖症なので、エレベーターの中で災害に遭うのだけはまじで避けたいですね・・・。

 

ちなみにコナンの映画のように、蘭姉ちゃんに肩車してもらって逆上がりの要領で上の出口をぶち破って脱出というのはやっぱり難しいようなのでやめておいた方が賢明ですね。

 

災害時に取るべき行動④【自動車】

  • ハザードランプを点灯して徐々にスピードを落とす
  • 揺れが収まるまで停車して待つ
  • 避難が必要の際はドアロックをせず、エンジンキーを付けたまま逃げる

 

鍵をかけて逃げたくなりますが、車両が緊急車両などの妨げになった際にすぐ移動できる状態にしておくべきのようです。

 

エンジンキーを付けたまま、貴重品を持って逃げるようにしましょう。

災害時に取るべき行動⑤【地下】

  • 停電しても慌てず、非常照明がつくまではむやみに動かないようにする
  • 1つの非常口に殺到しないように落ち着いて地上に脱出しましょう
  • 移動するときは壁づたいで歩くようにしましょう

 

地下では60メートルごとの非常口設置が法律で義務付けられているようです。

 

災害時はパニックになって自分が地下に入った入口に戻ることしか考えられなくなってしまいがちのようですが、近くの非常口や誘導灯を探すようにしましょう。

 

個人的にはドラマのコードブルーとかで早く逃げないと生き埋めになるみたいなイメージがありますが、火災などが起きなければ地下は比較的安全な場所とされているので慌てず落ち着いて行動しましょう。

 

最後に

記事は以上になります。

 

全体を通して言えることは、とにかく慌てず落ち着いて行動しましょうということですね。

 

僕は先日、防災セットを買ったのをきっかけにいろいろ調べましたが、災害時に取るべき行動をあまり知らない人も多かったのではないでしょうか。

 

もし良かったらどれか1つでも覚えていってもらって災害時の役に立ったりしたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この記事の内容 2万で買った一人暮らし用の防災セットの中身を紹介重さや背負った感じ買ってみて思ったこと […]

 

カテゴリー:知識