【おすすめ】食品添加物不使用のクラフトカレーを紹介【レトルトと違う点】

この記事の内容

  • クラフトカレーとは
  • カレーのメリット・デメリット
  • 一般のレトルトカレーより推奨する理由

 

やっぱりカレーって肥満の原因になるのかな

 

なんてことを考えたことありませんか?

 

実はそんなことはなく、カレーには嬉しい健康効果もたくさんあるのです。

 

そして、そんな嬉しい健康効果が十分に活かせているのがこのクラフトカレーです。↓

 

美味しい、ヘルシー、調理が楽【クラフトカレーブラザーズ】

 

今回はそんなおすすめのクラフトカレーを紹介したいと思います。

よろしくお願いします。

クラフトカレーとはフレーク状の・・・

クラフトカレーは、

  • フレーク状になったカレールー
  • 水に溶かして食べる
  • 水と一緒に容器に入れレンジ等で加熱

 

簡単に言うとこんな感じのものです。

 

水を入れる分、レトルトカレーと比べると若干手間がかかる気もしますが、まあ大した手間ではないですよね。

 

おすすめの理由は無添加

このクラフトカレーがおすすめの理由は、

  • 原材料の50%以上が果物と野菜
  • 野菜が溶けるまで煮込んであり、料理時間短縮
  • 食品添加物不使用
  • 天然塩を使用(精製塩はゼロ)

 

こんな感じ。

 

多くの野菜が煮込まれていて、玉ねぎに関しては6時間かけて100kg→10kgになるまで炒めてあるようです。

 

さらにカレーにはさまざまなメリット・デメリットがあり、食品添加物不使用で天然塩を使っているこのカレーはメリットを活かしたりデメリットを軽減したりの効果もあります。

カレーのメリット・デメリット

カレーには本来、ダイエット効果がある

カレーには、

  • 認知症予防の効果
  • 美肌効果
  • ダイエット効果

 

など、本来は良い効果がたくさんあります。

 

しかし、一般のよくあるレトルトカレーは、

  • スパイスがほとんど入っていない
  • 主原料は小麦と油脂
  • 食品添加物が入っている

 

こんな感じのものが多く、これだとカレーの良い効果がイマイチになってしまいます。

 

【認知症予防】実は凄かったカレーの健康効果を紹介【美肌効果】

おすすめの記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 嫌いな人がいないのでは?とも言われているカレー。   実はカレーの健康効果が凄かったという事をご存[…]

デメリットは塩分

カレーの良くない点としてあげられるのは塩分の多さです。

  • 塩分を摂りすぎると高血圧などの生活習慣病のリスク↑
  • 天然塩は精製塩と違いミネラルが多く含まれている
  • つまり天然塩だと生活習慣病のリスクが↓

 

ミネラルは塩分を体外に排出するのに必要な栄養素です。

 

塩には本来ミネラルが含まれていますが、精製塩は造られる過程でミネラルが取り除かれてしまうのです

 

よって天然塩を使用していたり、食品添加物不使用であるこのクラフトカレーはカレーの良さを活かしていると言えます。

 

調理時間で味の変化も

最後に調理方法の紹介です。

 

加熱時間により、味わいが変化するのもこのカレーをおすすめする理由の1つです。

【調理時間3分】レンジで加熱

  • カレーフレーク1人前(50g)
  • 水160mlを一緒に耐熱容器へ
  • レンジで3分加熱し完成

 

玉ねぎの味を強く感じられる味わいになります。

【調理時間10分】鍋で煮込む

  • カレーフレーク5~6人前(250g)
  • 水800mlを一緒に鍋へ入れる
  • 10分ほど火をかけて完成

 

最もスパイスが際立つ作り方で社長も一押しとのこと。

【調理時間30分】鍋でさらに煮込む

  • カレーフレーク5~6人前(250g)
  • 水800mlを一緒に鍋へ入れる
  • 煮込みながら水を足し、30分ほどで完成

 

すべてが調和し合い、濃厚で深い味わいに。

 

また、お好みで肉を入れたりなどアレンジも可能です。

最後に

この記事のまとめ

クラフトカレーとはフレーク状のカレー
レトルトと違い水を入れて加熱する
無添加で天然塩使用などカレーの良さを活かす

 

記事は以上になります。

 

初回だけお値段が少し安くなるセットもあるみたいなので、もし興味があったら1回だけ買ってみてもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

美味しい、ヘルシー、調理が楽【クラフトカレーブラザーズ】

 

カテゴリー:おすすめ